フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖

様々な種類があるオリゴ糖の中でも、最もメジャーな存在といえるのが、「フラクトオリゴ糖」です。
フラクトオリゴ糖は、タマネギやゴボウ、アスパラガス等の野菜に含まれているオリゴ糖です。
最も多くのフラクトオリゴ糖を含んでいるのはゴボウで、約3.6%がこのオリゴ糖となっています。
また、蜂蜜やバナナにも含まれています。

また、人工で製造する事も可能で、その場合は「ショ糖」を原料とします。
ショ糖を「β-フラクトフラノシダーゼ」「グルコースイソメラーゼ」といった物質によって酵素反応させ、転移させる事で混合液を製造し、それを分離させるとフラクトオリゴ糖が完成します。

波多野結衣 無修正フラクトオリゴ糖は難消化性のオリゴ糖と言われており、基本的にはほとんど消化はされません。
そのため、ビフィズス菌の栄養分となり、結果としてビフィズス菌をはじめとした腸内有用菌の活性化に貢献します。
また、虫歯になりにくい甘味料としても知られています。
さらには、便秘の解消、高脂血症の改善、血糖値の抑制等といった効能を持っており、非常に体に良い性質を有しています。

甘味に関しては砂糖に近い甘さですが、その甘味度は砂糖の半分程度です。
その分カロリーも砂糖のおよそ半分と低く、ほのかに甘く、低カロリーの甘味料として女性を中心に人気を集めています。

フラクトオリゴ糖はオリゴ糖の代表的な種類とあって、基本的にはオリゴ糖と聞いてイメージする性質をそのまま有しています。

コメントはまだありません